インテリアデザイナー資格

インテリアデザイナーになるにはどうしたらいいの?

現代社会におきましては、既存の建築物をリノベーションして再活用する傾向が強いです。つまり、躯体はそのままに内部空間を再構築して建物を再利用するのです。その際に需要が多いのがインテリアデザイナーです。過去なら新築物件が多かったので、建築設計士と帯同する形でインテリアデザイナーが活動していましたが、現在はインテリアデザイナー単独で動くことも稀ではありません。活躍の機会が増えた職種と言えるでしょう。

 

では、どのようにしたらインテリアデザイナーになれるのでしょうか。まず、インテリアの専門知識を習得する為に学校で学ぶ必要があります。どんな学校で学べば良いのか、それはいくつか選択肢があります。実用的なのが専門学校です。短期間のカリキュラムでインテリアのノウハウを習得でき、かつインテリアコーディネーターの受験を目指した講義も行われますので、最短時間でインテリアデザイナーになりたい人は迷わず専門学校を選択すべきでしょう。

 

次に、大学でインテリアデザインを習得するという方法があります。大学と言っても様々な学校、学部、学科がありますが、インテリアに特化したカリキュラムを組んでいるのは美大です。それ以外の大学ではインテリアデザインを学べないという訳ではなく、建築学科でもインテリアデザインについては勉強します。何故なら、大学はインテリアデザインも含めて建築設計と考えているからです。このように、大学で学ぶなら美大か、建築学科が設置された大学という事になります。しかし、専門学校のような短期間でのカリキュラムではないので、じっくり習得したい人向けです。専門学校よりも長い時間を費やす分、それだけ密度の濃いインテリアデザイン法について学習することができます。つまり奥行きのあるインテリアデザイナーとなれるのです。

 

専門学校や大学でインテリアデザインや建築を勉強していなかったけど、社会人になってからインテリアデザイナーを志したい、という人はキャリアアップスクールに通う方法があります。キャリアアップスクールはインテリアを取得したことのない初心者から、既にインテリアデザイナーとして活動しているけれども更に技術、センスを磨きたい高等レベルの人まで通うことが出来る、受け皿の大きい学校です。ですから、初心者としてキャリアアップスクールに入学したとしても、先輩デザイナーに色々教えてもらったり、また刺激を受けたりしながら有意義な時間を過ごすことが出来ます。

 

つまり、インテリアデザイナーになるチャンスは皆平等にあるのです。